年明けの株式市場は・・・

年が明けて、いよいよ明日から新年の株式取引が始まる。

昨年の年始は、取引開始から一気に株価が値下りして、1月の終わりには一時15,000円前後まで日経平均が値下りした。今年も同じようになる保証はどこにもないが、年末に第一生命の株で利益確定した立場としては、どちらかというと年始は下落で始まってくれるとありがたい。とはいうものの、仮に狙いどおり値下り傾向になったとしても、どこで買いを入れるかの判断は非常に難しいのだが・・・。

とりあえず、第一生命株の売却金額(1944円)よりも、10%程度は下がってもらいたい。そのタイミングで再購入することができれば、年末に思い切って利益確定した甲斐があったというものである。

第一生命の買い戻し以外にも、タイミング次第で購入に動きたい株式がほかにもいくつかある。それらを購入するのも、もう少し株価が下がってくれるのが条件。景気が下降するのを期待するというのは不謹慎な話ではあるが、やっぱり少しでも有利な条件で購入したいものである。

明日の株式市場の動きが楽しみだ。