読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回復基調の京都きもの友禅

昨年の12月4日に、保有している京都きもの友禅の株価について記載した。このときのこの会社の株価は932円だったが、その後年末年始を挟んで回復傾向が続き、昨日の時点で999円となり、1000円の大台回復が目前となっている。

昨年度の3月の決算では7億円以上の赤字を計上していたが、今年度の年度末決算では5億円以上の黒字の見込みであり、この決算見込みの数字に反応するように、株価は上昇している。改めてこの会社のWebサイトを見てみると、かなり見栄えが良く、なかなか力が入っていることが感じられる。正直なところ、男である私はこの会社の直接の顧客ではなく、事業内容そのものにはあまり縁がないのだが、今やWebサイトがない企業などほぼ存在しなくなったこの時代であるから、パッと見て見栄えのするサイトを開設しておくことは極めて重要なことであろう。

それはさておき、業績があまり芳しくなかった時も高配当を継続して踏ん張ってくれたおかげで、この会社の株からは安定した配当をいただいている。業績も回復してきているのだから、その勢いで配当を上げてくれると嬉しいのだが、そこまで期待するのは少々虫が良すぎるであろう。ただし、もともと配当利回りの高い会社であるから、ここでさらに増配をすれば一段と買い手が多くなり、株式本体のさらなる株価上昇に期待が持てるのではないかと思う。