新規公開株の破壊力

新規公開で上場される株について書こうと思う。

日本郵政グループ以降、新規公開株には手を出していなかったのだが、しばらく前から久しぶりに新規公開の株を調べていて、衝撃的な株があった。鶏料理居酒屋『てけてけ』や『the 3rd Bargar』を運営しているユナイテッド&コレクティブは、公開前の公募価格が1600円だったのに対して、株式公開直後は買いが殺到して2~3日はまともに値がつかず、ようやく株価が落ち着いた昨日の終値は公募価格の4倍を超える6520円だった。新規公開の株はおおむね公募価格よりも上振れすることが多いとは感じているが、ここまで極端に値上がりする株はこれまで見たことがなかった。

今回は公募の抽選に申し込んだわけではないので、指をくわえて見ていただけだが、これだけの値上りを見ていると、改めて新規公開株が当たった時の破壊力を思い知らされる。もちろん、ここまでの値上りは極めてまれだし、公開直後に大幅に上昇した株価がいったん落ち着いた後には急降下することもよくあるので、新規公開ならどこでも飛びつけばいいという話ではない。ただ、事業に共感できて、成長性が見込まれる企業であれば、今後は検討していきたいと思う。

そんな中で、スシローや一風堂のようなメジャーな外食業界の企業の上場がこの春に予定されている。これだけ知名度の高い会社だと、事前公募の抽選の倍率もさぞかし厳しいものになるだろうが、公募価格次第では挑戦してみようと思っている。