読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公募株の申し込み

前回に引き続き、新規公開株の話をしたい。

ユナイテッド&コレクティブの大幅な株価上昇を見て、新規公開株の破壊力について前回の記事で書いたが、新規公開株も決していいことづくめなわけではない。

知名度の高い会社の株だと応募が殺到するのが普通であり、抽選の倍率が高いため当たる確率はかなり低くなってしまう。つまり、そもそも希望の株が手に入る保証がまずないということである。また、公募時点では配当金が確定していないため、私が重視している配当利回りがどの程度になるのかがわからない。加えて、一般的には新規で上場した会社はまずは経営を安定させることが優先であり、株主配当をいきなり高い水準に設定することはやや考えにくい。

冷静になって考えてみると、新規公開株はこのブログのテーマである「配当で稼ぐ」という観点ではあまり適していないと言える。人気・知名度ともに高い企業が上場する場合であれば、公開直後は買いが優勢で株価が上昇する可能性が高いため、倍率が高いのを承知でキャピタルゲイン狙いで公募に申し込んでみるのはありだと思うが、それはあくまで本線の「配当で稼ぐ」ための株式とは別で、基本は高配当銘柄をいいタイミングで狙っていくということは崩さないようにしていきたい。